NEWS

お茶の水博士

2012.01.20 | スタッフブログ

_MG_0284
今日は、お茶の水博士こと
統合医療学会 理事長 渥美先生に
THE SOARAのホームページ本格サイトオープンにむけて
インタビューをしてきました。

東大で先端医療の最前線を走っておられた先生が
西洋医学と伝統医学の融合に着目され、
いまに至るまで、
そして、これからの健康について
とても興味深い
そして、す~っと胸に落ちて
素直に大きくうなずけるお話の連続でした。

インタビュー記事、お楽しみしてください!

インタビューの最後に帰りの時間を気にしてくださる先生に
東京在住大阪人であることをお伝えすると
僕も大阪育ちだよ!と渥美先生。

当時の中学校、今でいう高等学校の同級生には
漫画家の手塚治虫先生も。
前の席が、手塚治虫先生で、後ろに渥美先生がいるクラスなんて
なんてゴージャスなんでしょう。

その当時はね~。彼が天才なんてわかんないから、
 彼が教室で描いた漫画を後ろの席の友達にまわす役割だったの。

100枚くらいゴミ箱にいったけれど、
その1枚でも今あれば、、、とっても貴重なのにね(笑)
』と。

3名くらいいるとの御茶ノ水博士のモデルのひとりは
僕だったみたいだよ。

本郷っていうと学校がばれちゃうから、御茶ノ水なんだって。』とも。

空に広がる『大宇宙』と比較して
人のカラダは『小宇宙』とも言われますが、

鉄腕アトムと
医療の宇宙の世界を
垣間見たのでした。

渥美先生は、素敵なオーラでぴっかぴかでした。