NEWS

福島の子どもたちにヨガを! <こどもHOPEプロジェクト>

2013.07.26 | スタッフブログ

先日、宮城東松島に行きました。私自身は震災以来、はじめての東北。

新しい道がつくられ車も多く、新しい飲食店も次々にオープンして活気を感じる一方、
被災の程度は、人それぞれ。家も家族も無事の方、家を失った方、家族を失った方。
決して同じ状況の方はいなく、でも不安や悲しみがあるのはみんな同じ。

やっとお家が手に入ったとしても、まだ仮設住宅の方も多い中、その喜びをなかなか共有できない。
被災自体もとても大変なことなのですが、その後の悲しみや喜びも人に話すことが難しい状況。
これからのみなさんの健康状態に想いを馳せる旅でした。

そんな中、震災当時から、福島に向かいヨガを通してみなさんの健康のお手伝いをしている素敵な先生にお会いをしました。<みき先生>こと佐藤美希さんは、福島県二本松市出身でご存じの方も多い東京のヨガスタジオ<スタジオロータスエイト>のインストラクター&スタッフ。

震災後地元に何かできることをと2011年3月末から仮設住宅でヨガを教え始める中、
放射能の心配もあり、外で遊ぶことができない子どもたちがみるみる元気をなくしていくのを目の当たりにし、室内でできるヨガを子どもたちにと役所に相談。2011年6月以降、毎月二本松の幼稚園でヨガを教えている<みき先生>。

震災の恐怖はもちろん、脳もカラダも刻々と発育していく子どもたちにとって、カラダを動かせないことは発育に良い影響があることはなく、また大人の不安な気持ちをいち早く察知する子どもたち、、。
そんな中、子どもたちがヨガをすることは、呼吸を整え、自分自身の中心をつくっていくことにとても役立っていると。みき先生は<こどもHOPEプロジェクト>を立ち上げ、現在も福島県二本松市の15か所の幼稚園やお寺などでボランティアでヨガを教えておられます。

そして、このヨガの恵みは、被災地の子どもだけではなく、全国の子どもたちにもヨガを通して健やかで楽しい、子どもらしい毎日を少しでも提供できればという想いのもと、THE SOARAでも8月にみき先生による<子供たちがヨガのスタートラインに立つ為の指導者養成講座>を開催することになりました。

お子様がおられる方はもちろん、幼稚園の先生や小児医療に携わる方にもおススメしたいこの講座。
利他のこころで、子どもたちの健やかな成長のために貢献されるみき先生。その瞳は、プロジェクトの名前のように希望に満ち、きらきらしています。
そんな素敵な先生と、夏の週末のひと時をご一緒に。

指導者養成講座の詳しい情報は↓
http://www.thesoara.com/event/3919.html

福島の子どもたちにヨガを! <こどもHOPEプロジェクト>

福島の子どもたちにヨガを! <こどもHOPEプロジェクト>

福島の子どもたちにヨガを! <こどもHOPEプロジェクト>

福島の子どもたちにヨガを! <こどもHOPEプロジェクト>