NEWS

14 五感を刺激する時間を持ちましょう

2014.05.28 | スタッフブログ

視覚をリフレッシュさせ、鈍った視覚をめざめさせましょう

いつも忙しく働いているあなたは、大きく息を吸い込み、遠くを見る機会をなくしていませんか。目の前のことに追われるあまり、肩に力が入ったままの状態で毎日を過ごしているのかもしれません。それでは見えるものも見えなくなっているのでは?

視覚は情報収集の大きな手段です。とくにビジネスの場ではパソコンを見つめ、場の状況を把握し、と、脳と同じく休む暇無く使っている感覚のひとつと言えます。しかも使いすぎを意識しないのもこの感覚の特徴です。リフレッシュを心がけ、きちんと見つめる、ひとつひとつを見つめる習慣をつけましょう。

五感が目覚めると、季節にも敏感になります

都会暮らしでは四季の変化に疎くなりがちです。気温も調節された室内では意識することも少ないようです。野に咲く草花を見かける機会もそうそうありません。でもこうした季節の変化を意識することは身体のみならず精神的なバランスを保つうえでも重要なことです。

温度変化を意識し、寒いときは寒さを感じることで体内の免疫機能はその対策に準備するようにできています。皮膚も毛穴を縮め、体温が逃げるのを避ける工夫があります。逆に暑いときは暑いと感じることで発汗を促し体温調整をしています。このように季節を知ることは身体のバランスを維持する基本なのです。そのためには、感覚器官を目覚めさせないといけません。五感を働かせて季節の変化を探してみましょう。

五感が研ぎ澄まされると、満足感を感じられるようになります

私たちのお勧めしている断食ステイでは、1日に1回の食事を摂りながら無理なく断食を体験してもらいます。そのなかで自然を意識しながらヨガを体験していただき、五感を刺激し、目覚めさせる感覚を身につけていただきます。味覚、臭覚、視覚、聴覚、触覚が敏感になると食事にはもとより日常のさまざまなことへの感覚が研ぎ澄まされ、満足感を味わえるようになります。

元気な日常を取り戻し、維持するきっかけを、ご一緒にはじめませんか。

http://www.thesoara.com/stayplan/space