NEWS

15 生活リズムを見直す無理のない断食

2014.05.30 | スタッフブログ

正しく食べるための断食を体験しましょう

食べ過ぎていることが多い現代人は、空腹だから食事を摂るばかりではなく、食べなければ元気がでないと思い込んでいる場合があるようです。でも、食べることも体力を使う行動ですし、食べたものを消化吸収する体内活動にもエネルギーを使っているのです。必要以上に食べていると、体力を維持する以上に体力を使っているということにもなりかねません。食べる習慣を見直すことが大切です。まずは使いすぎている消化器官などを休息させ、体内リズムを整えるためにも断食を体験してみてはいかがでしょう。

免疫力を高め、生命力に充ちた生活を維持しましょう

今のあなたは昨日までに食べてものによってできています。免疫力で病気から守られているのも食べた食物から栄養を摂取し、身体を維持しているからです。しかし、過食が過ぎると身体を維持するために摂取したはずの食事が、身体の負担になっている場合があります。脂肪とした蓄えられたものも、老廃物として溜まったものも、身体にとっては負担です。排泄すべきものを排泄し、生命力に充ちた身体を取り戻す工夫をはじめましょう。

そのためには、きちんと空腹を感じ、満腹を感じることが大切です。

必要なものを必要な分だけ摂取する食事を知りましょう

空腹を空腹と感じ、満腹を感じられるような身体になるためには、働き過ぎの消化器官や脳を休めることが第一歩です。

私たちがお勧めしている断食ステイは食事を絶つものではありません。1日1回の食事を摂りながら進め、断食によって消化器官を休めます。消化器官が休まると脳への血流が増し、脳の活性化を促すことができます。空腹を感じ、身体の欲求に心を向けることで、1日のリズムを見直すきっかけになります。

このような体験を通じて、自分に必要なものを必要な分だけ食べる、正しい食事を見直すきっかけを作ります。

ぜひ、ごいっしょに生活のリフレッシュはじめてみませんか。

http://www.thesoara.com/stayplan/space