NEWS

21 ヨガで歪みを矯正しましょう

2014.06.20 | スタッフブログ

身体の芯を意識して、正しい姿勢を体感しましょう

私たちは無意識のうちに身体の歪みをつくり出しています。たとえば一方の肩にいつも鞄を掛けている、少し右前にパソコンのモニタがあるため少し身体をねじって座る、同じ方の歯でモノを噛むなど気にもとめていない癖があるものです。これが身体の歪みのひとつの原因です。まっすぐ立っているつもりでも、少し左に偏っているのは、右片に鞄をかける癖があるからかもしれません。頭の先から上に引き上げられるようなイメージで背を伸ばし、顎を引き、まっすぐ立つことから意識してみましょう。全身の映る鏡の前で行うと自分の身体の歪みに気がつきやすいと思います。

こうした身体の歪みが体調不良や気分の乱れを生み出していることがあります。

姿勢が変わるとモノの見え方が違ってきます

心はさまざまなものに影響を受けます。姿勢による影響も見逃せないもののひとつです。たとえば、うつむいて肩を丸め、「がんばります」といってもやる気が起きないでしょう。逆に上を向いて笑ってみると凹んだ気持ちが和らぐものです。

まずは姿勢を正し、背筋を伸ばすことからはじめましょう。

私たちがお勧めしている断食ステイでは、ヨガを取り入れながら姿勢を正し、呼吸を整え、心と身体を健康に保つコツを身につけていただきます。

胸を張ると些細なことで凹まなくなります

姿勢が正しく保たれると、胸が大きく開かれ、呼吸も深くゆっくりと規則正しくなります。気持ちが落ち着いてくると、ひとつひとつの事物が論理的に捉えられるようになり、些細なことに感情を振り回されることも少なくなります。

断食ステイ中に体験していただくヨガで、自分の正しい姿勢を知り、胸を張って深く呼吸を整えることなどを体感していただきます。

姿勢から見直す生活習慣。この機会にはじめてみませんか。

http://www.thesoara.com/stayplan/space