NEWS

27 心と身体の健康を保つためのリセット

2014.07.11 | スタッフブログ

我慢をすることが断食ではありません

断食って食べたいものを我慢して、空腹に耐える。そんなイメージですね。
私たちの断食ステイは全く食を絶つという断食ではありません。1日1回、正しい食事を摂ります。身体が求める栄養素は満たしていますが、過度にカロリーが高すぎたり、味付けが濃いものではありません。素材のうま味、滋味を充分に活かした食事です。
そうした基本的な食事を、きちんと摂ること。それも偏った日常をリセットするのに必要なことだと考えています。
断食は、あくまでも摂りすぎた食事を減らし、働き過ぎの消化器官を休めるためのきっかけなのです。

さまざまな点でバランスを崩した日常をリセットするチャンスです

規則正しい食事を取り入れた断食と、ヨガによる心の解放のために1日を使う。忙しく働き詰めだった現代人にとっては、こうした時間の使い方に戸惑いを感じるかもしれません。
ですが、身体が目覚め、心が解放され、脳が冴えて次の仕事に備える準備をするためには、時間に追われて深呼吸する余裕さえなくした日常をリセットする必要があるのです。
食べることを見直し、空腹である時間を作り、ちゃんと味わうことを再認識する。単純なことですが、この体験が五感を刺激し、偏った感性を修復してくれます。

身体が休まれば心に余裕が生まれます

働き過ぎの内臓を断食によって休めると、今までに感じなかった身体の疲れを感じるようになります。その後、軽くなるような感覚になり、疲れが解きほぐされていくのです。
身体がほんとうに休息をとることができれば、ストレスに向き合って、ぎりぎりの状態を続けていた心も軽くなります。
自分の気持ちに集中する時間を大切にするヨガを体験しながら、今という時間を真剣に生きることを考える時間です。
私たちの断食ステイで、心の余裕を取り戻しませんか。
http://www.thesoara.com/stayplan/space