NEWS

29 ストレスに打ち勝つための生活リズムを作りましょう

2014.07.18 | スタッフブログ

ストレスと闘う副腎

仕事に、家事に、育児にと忙しく動き回っている私たちは、日々あらゆるストレスと闘っています。腎臓の上にあるピラミッド型の臓器 副腎は抗ストレスホルモン(コルチゾール)を分泌し、ストレスに対抗し、身体を守り、一定の状態に保ってくれています。でも、長期にわたってストレスを感じ続けると、副腎からはホルモンが出っぱなしという状態に。これでは副腎は対応しきれなくなり、身体のすべての器官や臓器に影響を与えることになります。

規則正しい食事が大切

ストレスと闘うためのホルモンは無限に出るわけではありません。副腎から分泌されるホルモンは食べ物から作られているのです。ですから、食事を摂る時間が不規則であったり、正しい食事(ホルモンを作るのに十分な栄養素を補給できる食事)でないと、副腎はストレスと闘う力を発揮できないのです。
たとえば、ビタミンCやEのほか、カルシウムやマンガン、ヨウ素、マグネシウムなどのミネラルを十分含んだ食事を摂ることが大切です。

自分の24時間リズムを作りましょう

じつは副腎にもリズムがあるのです。副腎から分泌される抗ストレスホルモン(コルチゾール)は午前8時頃にもっとも多く分泌されることがわかっています。1日を元気にスタートさせるためです。その後緩やかに分泌量は抑えられ、夜はほとんど分泌されません。
ところが、頑張りすぎる現代人は、24時間、ストレスと闘う状態。つまり、副腎は休めないのです。持続するストレスに加えて、不規則な食事となれば、副腎は本来の機能を失い、身体のバランスを維持することはできなくなります。
私たちがお勧めする断食ステイは、1日1回の食事を大切にしながら、まず食事の内容を見直し、摂取サイクルを調整します。1日の生活リズムを整えるきっかけになるのです。
ストレスに負けない生活、はじめませんか。
http://www.thesoara.com/stayplan/space