NEWS

51 ムダと思える回り道の価値を見直してみませんか

2014.10.10 | スタッフブログ

今日することはほんとうに必要なこと?

テキパキと仕事も家事こなすアナタは、「時間管理がうまいわね」「スケジュールがきちんとしている」と周りから一目おかれる存在でしょう。私たちが暮らす社会は、時間を上手く使える人は、能力のある人と評価され、頼りにされます。逆に、時間にルーズであったり、スケジュールがいつもグチャグチャになる人は、できない人とレッテルを貼られがち。
でも、私はちょっと違う意見をもっています。もちろん、スケジュール管理が上手く、テキパキと仕事をこなす人は、とても能力のある人だとは思います。でも一方で、時間を効率的に使えない人がほんとうに非効率な人でしょうか?
たとえば、同じことを1時間で出来る人と3時間かかる人なら、1時間で出来る人に仕事を頼むことが多いと思いますが、3時間かかる人は、その3時間で、普通なら見落としことに気付き、必要だろうか、無視して良いだろうかと悩み、結果、時間がかかったとしたら、それは有意義な3時間だったとも言えます。

何が大事なのでしょう?

私たちが大事にすべきことは何でしょう? 時間に追われ、少しでも速く、効率的にやるべき事を終えること? しなくてはいけない、と思い込んでいる事は、ほんとうに必要なこと? 少し距離を置いて、見つめ直すと、「今日しなくてもいいかもしれない」と思えるかもしれません。

時間のムダ使いがココロを豊かにすることだってあります

時間はみなに平等です。どんなに急いでも1日は24時間。その時間をギュウギュウのスケジュールで埋め尽くし、ココロもカラダもへとへとになるなんて、もったいない気がしませんか? 自分のココロの声、カラダの悲鳴に耳を傾ける時も必要です。
私たちの提案している「断食ステイ」はゆったりと流れる時間のなかで、自然のリズムに従って1日を送り、ココロを解放する機会です。自分の大事にすべきこと、ほんとうに必要なことを見つめる機会です。
私たちといっしょに、自分の声に耳を傾けませんか。

http://www.thesoara.com/stayplan/space