NEWS

<歩くことは基本なのに、案外、誰にも習っていないという事実>

2014.11.4 | スタッフブログ

<歩くことは基本なのに、案外、誰にも習っていないという事実> 画像1
もの心つく前に歩き始めて、はや何十年。

先週末は、神戸にお招きいただいたルーシーこと茂貫さんの
ノルディックウォーキングレッスンに一緒に参加しました。

お箸や鉛筆の持ち方は習った記憶がありますが、
モデルさんでもない限り、歩き方は、習ったことがない人が多いですよね。

JR三宮駅に集まったのは、約20名
地元神戸の方はもちろん、神戸から2時間くらいの兵庫県氷上や
さらに東北、宮城県仙台からと長崎遠征チームは参加者の熱い想いにうれしさ満タンに。

みなとのもり公園でまずは、普段の歩き方チェック!

 

<歩くことは基本なのに、案外、誰にも習っていないという事実> 普段の歩き方チェック画像
普通に歩くと、目の前にいる人には自分の足裏が見えるんですよ~と茂貫さん。
ふむふむ、確かに。

まずは、ノルディックポールを持たずに、正しいウォーキング

① 腕をしっかりふる!

② 足のかかとからつま先まで滑らかに着地!(ローリング)

③ お腹と背中の筋肉を引き上げて歩く!おへその下から足が生えているようなイメージで。

重心を安定させる。(体幹の意識)

④ 一番大事なのは呼吸!

少し歩くだけでみなさん、なんだか元気になっていくから不思議。
ノルディックポールを持つとさらにしっかり腕を使う感じ。

歩いていくうちに、腕のチカラと足のチカラがへそ下(丹田)でつながって
知らず知らずに、がんばらないのに全身運動している

さすが、全身の筋肉の90%を動かすノルディックウォーキング!
なんとなく歩くよりも、へそ下からぐ~っと背筋が伸びる感じです。

高級ブティックやレンガ造りの建物など神戸のおしゃれな街並みを抜け
10分も歩けば、カラダはぽかぽか、神戸のウォーターフロント、メリケンパークまで
たっぷり2時間歩きました~
都会の街並みの中でのノルディックウォーキングもすてきでした。

 

<歩くことは基本なのに、案外、誰にも習っていないという事実> 高級ブティックやレンガ造りの建物など神戸のおしゃれな街並みを歩く画像
たっぷり歩いた後は、大きな便りが~~
朝出たはずの便がまたしっかりと(笑
これは続けると痩せますね。

心地よい疲労感で、腸はすっきり、ぐっすり眠れました。
癖になる爽快感!

主催いただいた鍼灸師の吉川尚子先生は、
患者様の自宅での健康管理・仲間づくりの一環として、手軽に誰でもできる効率的な有酸素運動としてノルディックウォーキングを導入し、全国的に先がけて鍼灸院初の、しかも若手中心のチームをつくられたとのこと!

因みに先生は、
「買い物も、美術館もノルディックウォーキングで行きますよ~」と。

わざわざではなく、通勤やお買い物など
日常の生活道路をノルディックで歩くものいいですね。

今の時代は、電車に車と交通手段がたくさんありますが
少し前までは、人はどこへでも歩いて行っていたのですよね。

「人間には古来より、1日10~15キロくらい歩くようにプログラムされているんですよ!
歩かないのは単なる運動不足だけでなく、体内の循環を悪くし、脳への刺激も少なくなり
逆に、しっかり歩くことで、脳が鍛えられますよ」と茂貫さん。

様々な運動がありますが、<歩く>ことを少し見直してみるのもおススメです。
吉川先生、お招きいただきありがとうございました。

THE SOARAでは各種滞在プログラムでノルディックウォーキングにご参加いただけます。
詳しくはこちらから。

毒出し・断食ステイ