NEWS

62 自分を認める習慣を作りましょう

2014.11.18 | スタッフブログ

ココロと身体をあたためる工夫が大切です。

寒い季節を迎えます。気温が下がると交感神経が活発になり、体温を維持するように働きかけます。また部屋の温度と外気温の差も自律神経のバランスを乱す原因になります。
できるだけ身体を暖かくし、冷えを予防する工夫をしましょう。
身体が冷え、自律神経のバランスが乱れると、ココロの健康も保ちにくくなるようです。ちょっとした変化が不安の引き金になったり、ゆっくりと休息できなかったり、疲労を溜め込むことへも繋がります。暖かい飲み物をゆっくりと味わいながらいただく。そんな些細な時間でも、ココロと身体は解放されるものです。

1日に1回は自分を認める言葉を自分にかけてみましょう

暑いときは小さな出来事に対して「ま、いいか」と思えても、寒い季節には、「どうしたものか」と大げさに受け止める。そんな感覚を持つことはありませんか。
それは視野が狭くなっているために起こる変化かもしれません。暖かい季節は、柔軟な発想を持ちやすくなります。動作も大きく、活動しやすいためです。逆に寒い季節は行動範囲が狭まりがちです。それは身体を寒さから守るための自然な変化でもありますが、視野が狭くなった分だけ、小さな変化も大きく感じられるようです。ココロが傷つきやすく敏感なときでもある、と言えそうです。
1日1回、自分の行動に対して、「こういう態度、良かったね」「こういう考え、いいんじゃない」と、自分自身を認め、客観的に1日を眺めてみる習慣を持ってみましょう。冷静に事実を受け止めるとココロもやんわりと事実を受け止めることができると思います。

バランスの見直しが大切

私たちが勧めている「断食ステイ」は、1日1回の規則正しい食事をとる、無理のない断食です。空腹を意識し、食べることを意識することで、乱れた体内バランスを整え、消化器官、脳を休めるきっかけとなります。また、ゆったりと時間を過ごすステイなので、自分のココロを見つめることができます。ぜひ、ごいっしょに体験しませんか。

ヘルスケアリゾート THE SOARA